大阪府堺市南区三原台1-2-3 ルルポ泉ヶ丘1F 医療モール TEL:072-295-0810

足のトラブル
足底板療法(インソール)・健康くつ外来

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 足のトラブル

インソールとは?

足の機能を考えられて作られたインソールとは、足の裏の形をそのまま写したような形状をしています。

靴の中の感触をよく確かめてみて下さい。あなたの土踏まずは靴の底に振れていないのではありませんか?
そこに多くの問題が潜んでいるのです。

インソールが必要な方

  • 姿勢が悪い人
  • 歩き方が悪い人
  • 足にたこ・うおのめがある人
  • 習慣性の捻挫癖がある人
  • 扁平足・甲高・幅広の人、足の太さが気になる人
  • 外反母趾・ハンマートゥの人
  • 下腿部に疲労のでやすい人
  • 腰・首・背中などに慢性的なコリや痛みがある人
  • 変形性膝関節症・先天性股関節脱臼のある人
  • 足の骨折・アキレス腱断裂などの手術を受けた人
  • O脚・X脚の人
  • 靴底が異常な減り方をしている人

当院のインソールについて

当院は大井製作所製のインソールを処方しています。

今では様々なインソールが発売されていますがそのほとんどがスポンジ状・ウレタン状のものだと思います。そのような素材では肌に触れた感触は良いかもしれませんが足の機能の補助はしてくれません。このインソールは形状記憶プラスチックを使用し医学的見地から作られたインソールです。

インソールは医療保険でお作りできます。

プラスチックインソールの特長

プラスチックインソールの特長

足のネジレをコントロール
形状記憶プラスチックによる独特の“たわみ”が、歩くたびに足の血行を促進し、疲れにくくします。
外側縦アーチ
外側への体重移動をバランス良くサポートします。
薄いので様々な靴にフィット
形状記憶プラスチックだから実現した薄さ(2.5mm~3.5mm)で、お持ちの色々な靴に使い回しができ、非常に実用的です。
パンプスタイプもあります。
足の安定感抜群
ヒールカップは歩行時の第1ステップの要となる“かかと”をしっかり保持することにより、足の左右バランスを安定させます。
横アーチ
自然なふくらみで横アーチをサポートし、タコや魚の目の原因となる開張足を予防します。
内側縦アーチ
しっかりと土踏まずを支えることによって、前足部にかかる負荷を驚くほど軽減します。また、足裏の筋の伸張を防ぎ、疲れにくくします。扁平足はもちろん開張足や外反母趾にも効果大です。
滑らかで心地良いシェル表面
人体に対しアレルギーカット、抗菌素材で、また酸による品質劣化もありません。
診療時間 日・祝
午前9:00~12:00
午後16:00~19:00

○:診療 /:休診
休診日:木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

  • 問診票ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 院長コラム

ページの先頭に戻る